ブログを書いていて、はたと思い当たりました
 わたしには 義兄とよぶ人が5人、義姉とよぶ人が6人いたんです
 毎回 それぞれを一番上のとか わたしの兄のとかでは
 混乱しそうなので 下のように色分けしてみます
 
 2016/11/24 現在             ●故人 元 認知症
●夫の一番上の姉のご主人  義兄    夫の一番上の姉  義姉 
●夫の二番目の姉のご主人  義兄    夫の二番目の姉  義姉 
 夫の三番目の姉のご主人  義兄     夫の三番目の姉  義姉 
 夫の一番上の兄  義兄    ●夫の一番上の兄の奥さん  義姉 
●夫の二番目の兄  義兄    夫の二番目の兄の奥さん  義姉 
 わたしの兄       わたしの兄の奥さん  義姉 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

義姉からの電話が復活

夫の一番上の姉  義姉   認知症
 要介護3
 ほのちくりんより
      30歳上
夫の二番目の姉 義姉  認知症
 要介護?
 県外
 ほのちくりんより
      25歳上
 夫の三番目の姉 義姉  県外  ほのちくりんより
      18歳上
 夫の一番上の兄  義兄     ほのちくりんより
      13歳上
●夫の一番上の兄の奥さん  義姉     ほのちくりんより
      10歳上
 ほのちくりんの配偶者  夫     ほのちくりんより
      5歳上


憂鬱な月曜日 2016/11/29


県外に暮らしていた義姉が 地元に戻ってきたとき
固定電話ではなく 携帯電話を勧めたのは 夫でした。
初めは嫌がっていた義姉(当時70代)ですが
(その頃 わたし携帯持ってなかった…)
そのうち 手放せなくなったようです。

でも義姉に こちらから電話で連絡をとるのは、
なかなか難しくて、用があってかけても
「今、来客中だから」「出先だから」「友達と一緒だから」と
すぐに切られてしまうことが しばしばありました。

そんな義姉が認知症の症状が進んでから
相手が仕事中でも、早朝や深夜でも、
こちらの都合にまったく関係無く
電話をかけてくるようになったのです。

その頃にはわたしも、義姉の最後の入院時
連絡を取るのために必要性が増したのと、
義姉がらみのある事情で
携帯電話を持ち、電話帳に義姉を登録していました。

おそらく リダイアルか 着信履歴からかけてくるのでしょうが、
義兄の話と突き合わせてみると 義兄義姉義姉など
兄弟や身内に 順にかけているようなのです。
そして、その電話が最近では ほとんど無言電話になってきたのです。

コール時間は 1,2秒だったり 1分以上だったり様々
最初の電話は取りますが、こちらがいくら話しかけても無言だと
後は 無視するようになりました。

夫とわたしの携帯を並べて置いておくと
夫の携帯、わたしの携帯、しばし静寂、
夫の携帯、わたしの携帯、しばし静寂、
夫の携帯、わたしの携帯、しばし静寂、……
10回以上繰り返されたりします。
もう、義姉が元気な証拠と開き直っていました。 
でも義兄はとうとう
仕事中や 睡眠時間中の着信音に根を上げ
義姉からの電話は着信拒否の設定にしたようです。

わたし? 夫とわたしの携帯は ドコモのイマドコサーチで
義姉の居場所がわかるようにしているので、
たぶん着信拒否は無理なんじゃないかな。

その義姉からの電話が ひと月半以上止まっていたのです。
これまでは 2週間空くこともなかったのに

それが 今日の夕方復活。
(「昨日一行ったところなのに」と 夫は言いますが、
 義姉はそれだからこそ わたしたちを思い出す?
 一緒に出掛けた翌日に 電話がかかってくること多し)
わたしの携帯が鳴り 義姉からだったので、
さあ次は 夫の携帯と思っていたら、
しばらくして 再びわたしの携帯が。。。
夫の携帯が鳴らないまま とりあえず2回で終了。

さて 今後義姉からの電話は 完全復活となるのでしょうか。


  

 
  カテゴリ憂鬱な月曜日は
  『あしながおじさん』
  (ジーン・ウェブスター)の
  なかに出てくる
  主人公の作文のタイトル
  『憂鬱な水曜日』からとりました



コメントの投稿

非公開コメント

●プロフィール●
     
花
       ほのちくりん
 
●月別アーカイブ●
●最新記事●
●最新コメント●

●ブロとも申請フォーム●

この人とブロともになる

●検索フォーム●
●RSSリンクの表示●
●リンク●
●カテゴリ●

openclose

●ランキング●


にほんブログ村 シニア日記ブログ 終活・エンディングノートへ
にほんブログ村



●終活・エンディング●

 

サイレント・ブレス (幻冬舎単行本)
 

親の死なせかた 医者が父母の最期を看取って考えたこと
 
『サイレント・ブレス』 『親の死なせかた』

お墓に入りたくない!散骨という選択
 

枯れるように死にたい: 「老衰死」ができないわけ (新潮文庫)
 
『お墓に入りたくない』 『枯れるように死にたい』
●北 村  薫●

 
  円紫さん
  シリーズ
   
 
 
 
    ベッキーさん
  シリーズ
 
       時と人
  3部作
 
     覆面作家
  シリーズ
 
●荻 原  規 子●

 

あまねく神竜住まう国 (児童書)
 
風神秘抄
        勾玉
薄紅天女
  シリーズ
白鳥異伝
   
空色勾玉
   
●ケイト・モートン●

 
     
●新・御宿かわせみ●

 
特別長編          
●コーンウォール・ミステリシリーズ●

 
           
●カウンター●

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。